よくある質問

「チェロ続けられるかな?」と迷われている方は・・

「チェロを習い始めたいのだけれど、ほんとうに続けられるのか心配で・・」
「小さいころに手をけがして、ふつうの人より動きにくいので、チェロを弾けるのかと・・。チェロを始めても大丈夫でしょうか。」
「高い楽器を買っても、すぐ飽きて弾かなくなってしまうのでは・・」
「忙しいのでレッスン続けられるのかな?」

初めてチェロを弾く方、チェロを持っていない方が体験レッスンにいらっしゃる時、よくこのようなお話をお聞きします。
初心者の方がチェロレッスンに通われる際、まず、チェロを購入することになり、「チェロを買って、ほんとうに続けて行けるかな?」「自分にチェロはあっているのかな?」と悩まれます。

そんな方には、レッスン用レンタルチェロを使って、レッスンに2か月ほど通ってみて、その間に自分のチェロを買ってレッスンを続けるかどうか決めて頂けるよう、お話ししています。

今現在、いちご音楽教室にあるレッスン用レンタルチェロは、
名古屋校には、4/4サイズ大人用チェロ
碧南校には、 1/8サイズこども用チェロ (4歳から8歳のお子様用)

以上の2台があります。

入校してしばらくの間は、レッスン用レンタルチェロをつかってレッスンを受け、「大丈夫、チェロを続けていける!」と、納得したうえで、ご自分のチェロを購入され、教室にいまも通われている方もいらっしゃいます。
チェロを始めてみたいのだけれど、迷っていらっしゃる方は、お気軽にお問い合わせください。

こども用のチェロ椅子

こども用のチェロ椅子をご紹介します。
いちご音楽教室では、お子様のチェロ用いすに、この椅子(グリーン色)↓↓↓をおすすめしています。
こどもチェロ椅子

介護用のバスチェアですが、簡単に高さを調節でき、座面に傾斜がなく床と平行なのでいい姿勢で演奏できます。4才くらいから小学校4年生くらいまでのお子様がチェロ演奏するのにいい椅子です。お子様が成長して、この椅子が低くてつかえなくなったら、ピアノ椅子がちょうどいい高さになります。

こどもチェロ椅子 (2)習い始めたばかりの4歳(身長105センチ)の子が弾いている写真です。椅子は、一番低い高さにしています。

お子様のチェロ用のいすは、高さのちょうどいいものがなかなか見つからず、ピアノ椅子の足を切ってちょうどいい高さにしたり、お子様が大きくなるたびに新しい椅子を購入したり、みなさん苦労されています。このバスチェアは、インターネット通販で5000円程で簡単に購入できますし、もともと介護用なので安全でしっかり作られています。

商品名は、
【バスチェア まる T-6100-3 哲商事シャワーベンチ】
クッションなしのタイプです。写真にあるのは、グリーンの椅子ですが、そのほかにパープルとブルーがあるそうです。
座面の高さが、28.5~36cmで4段階に調整できます。1.8kgで軽く、持ち運びにも便利です。

楽天市場やYahooショッピング、Amazonなどで商品名から検索して頂くとすぐ見つかると思います。
チェロ椅子でお困りでしたら、ぜひお試しください。

初心者さんのためのチェロ購入

チェロ
今月、入校されたばかりの生徒さん、親御さんと一緒に楽器屋さんへチェロ購入に行ってきました。
先週、おふたりで楽器屋さんに行ったそうですが、いくつか弾かせてもらったものの、決められなかったとのことでした。生徒さんのお母様より「どうしたらいいのかしら・・」とお電話があり、一緒に楽器屋さんへ行くことになりました。
楽器屋さんがどんな楽器をすすめてくれたのか、生徒さんがどんな楽器をどのくらいの予算で欲しいと思っているかお聞きし、楽器屋さんにいま見せてもらえる楽器があるか等ご相談したうえで、見に行ってきました。予算の範囲で3台ほど出してもらい、私が弾いてみせたり、生徒さんに弾いてもらったりしながら、お店の人にそれぞれの楽器の特徴を説明してもらい、私が弾いた感想を話したりしながら、生徒さんの納得のうえで、どのチェロを購入するか決まりました。
学校のオーケストラ部で頑張ってチェロを弾いていこうと思っている生徒さんでしたので、自分のチェロが手に入ってニコニコして満足の様子でした。
はじめてチェロを弾く初心者の方がレッスンに通い始めるとき、すぐに楽器がほしいのですが、チェロについてわからないことが多くて、自分で決めて購入するのは、難しいことがあります。自分だけでチェロを買いにいくのは、「不安だなあ。」「どうしたらいいかわからないなぁ。」と思われる方には、今回のように楽器購入のアドバイスしていますので、レッスンや入校の際にお気軽にお尋ねください。

チューナーと音程

チューナーをみながら、レッスン受けてもいいですか?と質問されることがよくあります。

そんな時は、チューナーを使わずにレッスンを受けられることをおすすめしています。私は、生徒さんがチューナーを見ながらレッスンを受けられることは、とても残念で悲しいことと、思っています。

なぜなら、日頃レッスンをしていて、どんな人にもすばらしい音感があると強く感じているからです。チェロを始めたばかりの人も3才の子から60代の方まで、「先生の弾く音程をまねして弾いてみてね。」というとどんな人も良い音程に必ず近づいていきます。レッスンは、正しい音程で弾くためだけのものでなく、耳を育てる、音感をみがくためのものでもあります。チューナーを見ながら練習することは、耳をふさいで演奏している状態にとても似ています。自分の耳を信じて、どんな音がしているのかよく聴くことのほうが、上達の近道、心地よい音楽を奏でるコツだと思います。

 

また別の生徒さんは、レッスンでいつもよりぎこちない弾き方をしているので、どうしたのか聞いてみると、「自宅で練習するときにチューナーをみながらずっと練習していた」、とのこと。こういうことは、ほんとうによくあります。
初めてのポジションを練習するとき、シャープやフラットが曲の中にいくつもあって音程がとりにくいとき、チューナーをずっと見て練習することは、効率の悪い練習になります。
チューナーは調弦のときに、使います。ずっとチューナーとにらめっこしながら練習していると、目だけで練習していることになり、いい音程がだんだんわからなくなってきます。

一人でチェロの練習していて、音程がわからなくなってしまった時の練習方法は、

*開放弦のラまたは、レ、ソ、ドを基準に、音程をとってみる。
*ピアノまたは、キーボードで弾いてみて、音程を確かめながら、チェロの練習をする。
*どうしても音程がわからない、音程がおかしいけれど高いか低いかわからない。まわりにピアノなどがないときは、2,3分の短い間だけチューナで音程を確認し、正しい音程を耳できいて、そのあとはチューナーを使わずに練習する。

以上のような練習方法をおすすめします。チューナーを多用している人の演奏は、聴いていてすぐにわかります。音程のとり方が不自然になり、フレーズが切れてしまったり、リズムがあいまいになります。

いちご音楽教室では、音程だけでなく、リズムやハーモニーなども大切にレッスンをしています。

 

 

よくあるご質問

よくいただくご質問を集めました。ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

Q1. チェロって私でも大丈夫?
A1. チェロは、弦楽器の中でも始めやすいと言われています。初心者の方には、楽器の構え方や弓の持ちなど、基礎からていねいにお教えします♪
Q2. 何歳くらいから通えますか?
A2. いちご音楽教室(名古屋市中区、碧南市)は、3歳のお子さんから通っていただけます。上は、60代の方もいらっしゃいますので、年齢を気にせずチェロに興味を持たれたらぜひお問い合わせください!音楽は年齢を問わず、誰にでも楽しんでいただけますよ♪
Q3. 楽譜が読めないけれど大丈夫?
A3. 大丈夫です!
マンツーマンのレッスンですので、基礎の基礎からみっちり教えます♪安心してレッスンにご参加ください!
2 / 212

▲TOPへ